職業に就くために最低限必要な時間

就職転職ナビ

スポンサーリンク

年を取るごとに就ける職業の選択肢は減っていく

人は人生に誰しも基本的には平等に与えられたものが存在します。それは時間です。時間とお金は相関関係にあり、それぞれ交換が可能なのです。時間は寿命と言い換えても説明がつきます。そして時間とお金の価値は、

 

 

「時間」 > 「お金」

 

 

であるといえます。もちろん病気や事故にあった時など例外となる状況もあります。自分がお金を使う以上に稼いでいけば、無限に増やすことも可能ですが、時間は寿命という制限に縛られています。

 

そして時間に関して言うと、必ず理解しておかなければいけない重要な要素があります。それは

 

 

「若い頃の時間」 > 「年をとってからの時間」

 

 

というように、時間の価値は若ければ若いほど価値があるのです。18歳や20歳になると法律的にも制限がかかっていた事などから解放されるので、人の価値観によっては10代と20代では20代の方が時間的価値が高いと思われることもありますが、総じて10代と20代の時間的価値はとても貴重なのです。

 

職業に就くために必要な時間

さて、ここでこの時間的価値が職業に就くための時間にもかかわってくるので分かりやすい例を挙げていきます。

 

中学生から取り組みが必要な職業

メジャーなプロスポーツは最低中学生から取り組んでいないと、プロへの道には進めないでしょう。大概は小学校からの努力の積み重ねと、優秀な指導者に恵まれてやっとチャンスが出てきます。なおかつ、遺伝の要素が強い体格的な要素、運動能力も必要になりますし、センスや感性なども影響します。

 

高校からは進学校をある程度選べるので、指導者も選べることになりますが、中学時代を無駄に過ごして才能を埋もれさせる残念な例もあります。

 

高校から取り組みが必要な職業

職業に就くのに免許や国家資格が必要な弁護士や医者に関しては、医大や法科大学院に行く必要があるので、最低限の入口の入口にたどり着くのに受験に打ち勝つ必要があります。高校はある程度有名な進学校に進学していないと、医大に進学できる学力はつかないですし、本気でその職に就く意思をもって目指すなら中学から学力を向上させる取り組みが必要と言えます。

 

在学中に取り組みが必要な職業

就職後に研修で仕事を覚えさせる方針の企業であれば、就職活動だけを頑張ればいいのですが、就職後に即戦力やある程度の基礎経験が必要とされる職業は、在学中にも何らかの対策が必要な職業があります。

 

例えば、ゲームやデザインが好きで、ゲーム会社への就職やデザイナーになりたいと漠然と考えていたとします。いざ就職活動をはじめてみたら、そういった会社の採用試験には作品が必要だとわかります。作品など1週間や2週間で作れるはずもなく、違った職を探す事になります。

 

これはかける時間とは別に、事前に情報収集も必要な例ですね。こういった専門職が強い職業は大学より専門学校に行く方がスキルも身に付くし、就職もしやすいはずです。料理関係も同様の事がいえます。

 

就職後にもチャンスがある職業

努力だけではどうにもならない職業である芸能人や音楽の世界は、違った職に就いた後も努力を続けることで、本当にまれにですが売れっ子になれる可能性はあります。独立や起業などの社長業なども就職後にも可能性としては存在している職種です。

 

やりたいことが見つからないといって、目標を決めないで安易な考えでフリーターになったりしても、結局進める道はドンドン減るだけです。不況などの社会環境の要因で、運悪くフリーターをすることになった場合は、努力を忘れずに、自身の目標とする仕事に再就職出来るようにがんばってみてください。

スポンサーリンク

トップへ戻る