仕事と職業について

生まれたときから資産を相続しているなどの一部の特例を除くと、生活のために仕事をしないと人間は生きていけません。何十年とが付き合うあろう仕事についてどんな仕事がしたいのかや、どんな職種があって、どんな職業あるのかをまとめています。

 

日本の歴史の中で過去には職業が身分となっていました。

 

「士」「農」「工」「商」

 

現代においては「職業選択の自由」が憲法の自由権にて保障されています。また、男女雇用機会均等法なども施行されて、男女間の職業的な差別などは無くなっていく方向に進んできていると言えます。

仕事と職業記事一覧

もし好きな事を仕事にできれば、それに越したことはないのですが、現実はそうはいきません。競争の壁や、努力の壁、才能の壁、人脈の壁などさまざまな壁に阻まれることがあります。仕事や職業はどうやって選んだらよいのか、どう選ぶべきかを考えてみます。好きなことが仕事になるやりたいことを仕事にする生きるためにする仕事好きなことが仕事になる好きなことや熱中できることが仕事になれば、それはそれでありがたいことです。...

就職や転職で仕事や職業を選び、働き方や会社を選ぶ際に非常に関連のある日本の社会構造を理解しておいた方がよいです。日本経済とも関係は深いですが、学校では当然教えてくれないような事です。世界的に経済はグローバル化したので、ある程度は世界に目を向ける事も必要です。それと日本は比較的自由に生きれる国ですが、実は国としては腐敗しているわけです。偽装社会の典型的な例ですよね。中国や北朝鮮のように目に見える形で...

人は人生に誰しも基本的には平等に与えられたものが存在します。それは時間です。時間とお金は相関関係にあり、それぞれ交換が可能なのです。時間は寿命と言い換えても説明がつきます。そして時間とお金の価値は、「時間」 > 「お金」であるといえます。もちろん病気や事故にあった時など例外となる状況もあります。自分がお金を使う以上に稼いでいけば、無限に増やすことも可能ですが、時間は寿命という制限に縛られています。...

様々な事が極めれば職業にすることができます。例えばスポーツの分野も国内トップレベルになればそれが職業となるプロの世界に入れます。将棋や囲碁、麻雀なんかも趣味でやっている人にとっては仕事というイメージは持ちにくいですが、極めればプロの世界で職業にすることが可能です。趣味や自己鍛錬、サークル活動の延長線上の事であっても、それが好きで努力(好きであれば努力とは感じないのですが)や研究をずっと続けていれば...

生まれた時から消費されていく時間という概念についてですが、限られた人生の中で非常に重要な要素です。生まれた時の生活環境や家庭環境を考慮しないで考えると、社会の中で平等に与えられる要素だといえます。「時間」 > 「お金」「若い頃の時間」 > 「年をとってからの時間」そしてこの法則が成り立つと以前に紹介しました。人には寿命があるため、お金より時間の方が大切なわけですが、お金と時間はそれぞれ交換が可能で...

トップへ戻る