IT業界へ就職する方法と転職について

IT業界への就職と転職

ITはコンピュータ関係が主な世界ですが、パソコンや携帯、スマホの普及によってまだまだ成長産業として存在しています。家電やショッピング、SNSとITなしの世界は考えられません。生まれた時にIT環境が確立していた世代が引退するまで、そして世界にIT環境が普及していくまでは、まだまだ日の目を見る業界です。

 

IT業界を目指す人や従事している人はITの略はきちんと理解されているはずです。

 

決してInternet(インターネット)の略ではありません。Information Technology(インフォメーション テクノロジー)の略です。

 

IT業界について

転職率

どこの業界もそうですが小さい会社は不況になると仕事が減り倒産することがありえます。また、昔は2重派遣や偽装請負的な仕事をスル―するだけのトンネル会社も多かったのが実情です。

 

孫請けやひ孫請けになると、どうしても年収が低くなるため、実力があれば上の会社へステップアップを目指せるので転職するチャンスは存在しています。

 

火の噴いたプロジェクトにめぐり合う事もそれなりの確率で発生し、月300時間を超える仕事が続くと精神的にも体力的にもまいってしまい病んでしまうことがあります。

 

難易度

変化しつづける技術に対しては常に勉強と努力が必要で、開発環境の変化への柔軟な対応が求められる場合があります。無茶振りに対しても努力が必要で、そこで挫折してしまうとドロップアウトすることになります。

 

職種

企画、SE、プログラマー、評価などが職種として存在します。仕様を作って、設計して、プログラムを組んで、テストを実施するといった工程が存在し、それぞれに専門的な技術とノウハウが必要です。

 

IT業界に就職するには

プログラムに関してはやる気と努力の貪欲な勉強の世界なので中卒や高卒でも自分で勉強していれば即戦力も可能だし、そういった人材を企業がどんどん採用していってもいいように思えるのですが、そうはなっていない部分が多いです。

 

やる気の部分に比例するとはいえ、大学の無駄が多い授業よりはコンピュータ系の専門学校の方が格段に技術的なものは身に付く。SE系や企画系は大卒をめざし、ゲーム業界や起業を目指すなら専門卒といったところ。ただしやる気と身につける技術によっていくらでも修正は可能です。

 

また、規模のあるソフトは一人で作るものではないので、技術とは別に相手との意思疎通を図るためのコミュニケーション能力がとても大切になってくるのです。コミュニケーション能力は仕事をする上でも重要になってくるのですが、就職するための面接でもとても大切な要素です。いくら技術があってもそれを理解してもらえない哀しい現実が存在しているのです。

 

IT業界での転職

技術と経歴があれば仕事を探す事は比較的簡単にできます。派遣中心のベンダー系であれば経歴にある言語などにも左右されます。

 

ITワーク

 

IT系のお仕事求人サイト

 

スポンサーリンク

IT業界への就職と転職関連ページ

飲食業界への就職と転職
飲食業界はサービス業の代表的な仕事の一つです。仕事としての特徴は立ちっぱなしであるのと、土日は概ね働き平日休むことになります。接客と調理、両方などの働き方があります。
介護業界への就職と転職
介護業界は介護保険制度が出来上がってから、本格的に拡大してきました。この業界に就職しようと思えば、最初はやる気と体力が必要になります。力仕事もあるため人材は不足している業界です。
医療業界への就職と転職
医療業界は人の生命に関わるとても重要な業界の一つです。主な職種としては病院関係の医師、看護師、薬剤師などがあります。他にも医療事務や医療機器などに関する仕事も存在しています。