退職が決まった後の流れと手続き

最終出社日までの過ごし方と確認しておくべき手続き

退職願(辞表)が受理された後は引継ぎをしながら残りの勤務を粛々とこなしていくだけです。自己都合で辞める場合は大抵は残りの日々と最終日についても事務的かつ機械的に進んでいくだけです。

 

勤務の最終日までに会社から支給されたや備品の返却や書類の廃棄が必要です。また、受け取るべきものも確認しておく必要があります。人によっては退職後にはその会社に2度と関わりたくない場合もあると思いますので、身辺整理とかはきっちりとしておいた方がいいです。

 

会社に返却するもの

健康保険証
身分証明書
名刺
社費で購入した文房具類や書籍
制服、作業着

 

健康保険は、加入者が会社を辞めた時点で脱退する事になるので、健康保険被保険者証は会社に返却する事になります。転職先が決まっていれば、その会社の健康保険に新たに加入し、もし決まってなかったり、次の会社に試用期間が設けられていて、その間は保険に入ってくれない場合などは国民健康保険に加入するか、任意継続被保険者制度を利用することになります。

 

社費で購入した書籍や事務用品、備品などは全て返却します。残すべき書類やパソコン内のファイルなどは引継ぎ者や上司へ渡して、業務で使用していた自分のパソコンなどに入っている個人的なメールデータ、勤怠データは破棄しておきましょう。

 

会社からの貸与物である制服や作業着、静電シューズなどの衣類はクリーニングして返却します。靴関係は基本廃棄するよう言われると思います。営業用や連絡用に携帯などを渡されている場合はそれも返却します。

 

社員証明書(社員カード)、セキュリティカード、名刺などの在籍証明になるものも忘れずに全て返却しましょう。昨今コンプライアンスやセキュリティは神経質になっていますので、きちんと返す前に確認しておきましょう。

 

会社から受け取るものの確認

離職票
雇用保険被保険者証
年金手帳
源泉徴収票
健康保険被保険者資格喪失確認通知書
退職証明書
在籍期間証明書

 

「雇用保険被保険者証」「年金手帳」「源泉徴収票」の3つは必ず会社から受け取る必要があります。

 

『離職票』は会社を退職したことを証明する書類ですので転職先が決まっている人は必要ありません。次の仕事が決まっていない人は失業給付の受給手続きの際にハローワークに提出するのに必要になります。被保険者でなくなった日の翌日から起算して10日以内に退職した会社から交付されます。もし問い合わせても交付されない場合はハローワークに申し出れば会社に催促してもらいましょう。

 

『源泉徴収票』と『離職票』は、手続き上、退職当日にはもらえないので、後日会社から郵送などの方法で受け取ることになります。

 

『雇用保険被保険者証』は雇用保険の加入者であることを証明する書類です。離職票と合わせてハローワークでの雇用保険の受給手続きに必要となります。転職先が決まったら新しい会社に提出します。

 

『源泉徴収票』は所得税の年末調整に必要となります。転職先が決まったらその会社に提出し、前の会社の分もまとめて年末調整してもらいます。退職した年内に再就職しなかった場合は、翌年の3月15日までに税務署に行って自分で確定申告する事になります。

 

『年金手帳』は公的年金の加入者であることを証明する手帳です。勤務先が変わっても同じものを使うので、忘れずに受け取り転職先に渡す必要があります。退職した時点で転職先が決まっていない場合は、国民年金の手続きを市区町村の役所で行うこと。

 

『健康保険被保険者資格喪失確認通知書』は退職時にもらいますが、これは転職先が決まってない場合に国民健康保険への切り替えに必要な書類です。ただし住民票のある市町村によっては『健康保険資格喪失証明書』を必要とする場合もあります。事前に市町村HPで確認して必要な書類を会社に依頼しておきましょう。

 

職種によってや、くだらない会社は『退職証明書』や『在籍期間証明書』を要求してくる場合があります。今まで勤めていた会社に発行してもらうことになるので、必要な事がわかっていれば早い段階で発行を依頼しておきましょう。

 

 

結構理解しておかないといけない事が多いと思います。次の仕事が決まっていない場合は時間だけはあるので問題ないですが、間を開けずにすぐに次の会社の業務が始まる場合は単なる事務手続きですが面倒です。次の仕事が決まってない場合はいよいよハローワークデビューです。


スポンサーリンク

退職の流れと必要な手続き関連ページ

転職の動機と準備の進め方
転職は人生を変える大きな転機となります。周りの人間関係が全く変わるわけですし、年収や責任など多くの変化する要素も存在します。
退職する意思を固めて退職後を考える
キャリアアップでの転職や人間関係での転職などそれぞれの転職パターンや退職願い(辞表)の書き方などの退職時のお作法、転職活動の仕方などを紹介しています。
退職願(辞表)を作成して提出する
会社を辞めるのは一生で数回あるかどうかの出来事です。当然誰も会社の辞め方を誰かに習うなんてことはありません。いろいろな人の慣例や通例で今の体系が出来上がってきました。
退職時の引き留めと引継ぎ
退職届を提出すると、辞められて困る人材には当然引き留めが入りますし、まっとうに仕事をしていれば自分のしていた仕事を誰かに引き継がないと、会社組織としては成り立ちません。