退職を伝える前に整理して考えるべきこと

退職する前にはよく考えるべきことがたくさんある

退職を申し出る際には辞めたいと思っているにもかかわらず、それ以外の心配事も多いですし、不安もあるはずです。次の仕事を順調に見つけるために、今いる会社とのいらぬトラブルなどは未然に防いでおきたいところです。

 

退職前に整理して道筋を立てておくべきポイントを解説していきます。

 

お金の心配

退職すると当然給料が無くなるので、収入が途絶えることになります。現在の職場で我慢しつつ「転職エージェント」で先に転職先を見つけてからの退職であればお金について心配することは何もありませんが、いろいろな都合で転職先を見つける前に辞めてしまう場合にはきっちりと生活費の計算をしておく必要があります。

 

特に一人暮らしの場合は、住む所と食料は自己責任で生活しているわけですから、最低限3ヶ月は生活できるお金を貯めておかないといけません。+働き出してから1ヶ月は給料をもらえるまで時間がかかる事を考えると4ヶ月は貯めておく方がいいです。

 

大抵、自分から辞める場合は自己都合退職になるので、雇用保険の受給資格があったとしても、申請してから支払いが始まるのは3カ月経った後の4ヶ月目からです。お金が無くなると、大抵の人間は精神的に追い詰められた状態になります。

 

精神的に余裕がないとしっかりした判断で再就職先を探すのも困難ですので、どんな時でもある程度の生活が可能な現金は常に貯めておくのが大切です。安月給でボーナスなし、おまけにタダ残業の職場だとお金を貯めるのは困難ですが、家賃や食費などの生活レベルを落としたり、節約術をフル活用するなど、努力と知恵でなんとかするしかありません。

 

辞める理由

退職願い(辞表)を書き始めてもいいですが、辞める事を伝えるときに必ずその理由は言う事になります。「一身上の都合」で貫き通す事で全く問題ないのですが、面談やヒアリングなどで

 

「一身上の都合です。それ以上説明するつもりはありません。」

 

といったように折れずに言えるのであればいいのですが、そうでなければ会社側が納得する理由をきちんと伝える必要があります。そしてきちんと辞める理由を説明するという事は、自分の身の振り方を考えるうえでも大切な事で、頭の中を整理することにもなります。

 

ある程度優良な企業

もし会社不満で社員が辞めるようであれば、今後の採用基準や人事などの参考に理由は聞いておきたいと思うはずです。

 

離職率の高い企業

離職率の高い企業はあまり辞めてもらいたくないため、いろいろと理由を聞いてきて辞めさせないようにしてくるのが一般的です。

 

自分が辞めて損しないかをもう一度考えてみる

・給与面などは相談しても上がる事はなかなかないですが、小さい会社の出向派遣、営業などで本来は数字的にも稼いでいて給与があってない場合は改善されることもあります。

 

・勤務地の問題や職場に耐えられない場合に、会社に相談すれば、配置転換してもらえるような勤務形態の会社であれば相談する価値があります。

 

・自分の実力不足とミスをやたらと責める上司で、実力ある人間には普通の態度であれば自分の考え方や努力の量などを変えるべきかを見つめなおす。

 

・時代と景気を考えてみて、辞めてその後に明るい未来があるのか、嫌でも我慢してしがみつくべき時なのかをしっかりと考える。

 

次の仕事

同じ職種で次の仕事を探すのか、違う職種にチャレンジするのか、実際に就職活動を始めなくてもいいですが、仕事と人生は密接に関係しているのでいろいろとシミュレーションをしてみるべきです。

 

今の仕事を辞めたいと思っている時は、仕事に対するモチベーションもないでしょうし、一刻も早くやめたいという想いだけが頭を駆け巡ってるとは思います。

 

ただあまりにも無計画に辞めてしまっても、辞めた後にタイミング的な後悔や、次の職場で結局は同じか今以上に状況がひどくなったりして後悔してもつまらないですので、次の仕事の事はしっかりと考えてから、退職の意向を会社に伝えてください。

スポンサーリンク

退職する意思を固めて退職後を考える関連ページ

転職の動機と準備の進め方
転職は人生を変える大きな転機となります。周りの人間関係が全く変わるわけですし、年収や責任など多くの変化する要素も存在します。
退職願(辞表)を作成して提出する
会社を辞めるのは一生で数回あるかどうかの出来事です。当然誰も会社の辞め方を誰かに習うなんてことはありません。いろいろな人の慣例や通例で今の体系が出来上がってきました。
退職時の引き留めと引継ぎ
退職届を提出すると、辞められて困る人材には当然引き留めが入りますし、まっとうに仕事をしていれば自分のしていた仕事を誰かに引き継がないと、会社組織としては成り立ちません。
退職の流れと必要な手続き
いざ退職が決定すると後は引継ぎをしながら退社までの日々を勤務することになります。最終退社日までに確認する事や必要な手続きなどについて知っておくべきことをまとめています。