転職活動

転職活動について

キャリアアップや年収アップのために転職をしたかったり、人間関係や会社との関係でどうしても辞めざるをえない状態になったり、勤めていた会社の倒産など転職は誰にでもありえる事柄です。

 

終身雇用が崩れた現代では、むしろ当たり前の事になりました。もし、一度も転職をすることなく同じ会社でモチベーションを保ち続けて勤め上げることが出来る会社であれば、それは素晴らしい会社にめぐり合えたと言えることでしょう。

 

キャリアアップや年収アップに重要な転職のポイント

やっている仕事と年収の差

無能な上司や、仕事をしない上司の代わりに多大な仕事をしているにもかかわらず、その上司より役職と年収は低く、何のために仕事をやっているのかわからないなどの不満系が元であってもキャリアアップは目指せます。

 

やっている仕事は役職なのに、実際に意見を言えるような会議には立場上、無能な上司が参加して自分は参加出来ず何一つ変えられない。そんな歯がゆい経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

こういった事とは公務員組織ではとても多くて日常茶飯事ではありますが、民間企業でも同じような事はよく起こります。元々は素晴らしい企業であったり、偉大な創業者がいてよく考えられた制度であったりしても、組織の肥大化と経過年数によってほころびが絶対に出てくるのです。

 

組織の肥大化と経過年数のほころびを防げるような制度を構築し、それを運用できる人材をそろえている企業は本当に素晴らしい企業です。

 

会社規模と業績の限界

下請けや孫請けの会社で仕事をしていると、元請けの会社からの締め付けとピンハネでどうしても自分の会社自体の業績は低くなります。自社の業績が低いという事は社員の年収も低いということです。これは全く同じ仕事をしていても元請けと下請けで年収に雲泥の差が出ます。

 

年収だけでなく、福利厚生や退職金、年休などを含めると莫大な金額と待遇が違ってきます。給料の金額などはある種のタブーな部分も含まれているので知らないで生きていると別に困りはしませんが、とても損をする場合があります。

 

逆に大企業では同期が多すぎて上位の役職につくのが難しい場合に、企業規模が小さくなるけど同じ管理職で年収を維持しながら任される仕事の範囲を増やし、キャリアを形成して最終的な年収は多くなって、キャリアとしても満足できるといった考え方や進み方も存在します。

 

辞める前に転職先を確保

これは転職する際には必ず実践した方がいいポイントとなります。なぜかというと、もし今いる会社を先に辞めてしまってから転職活動をした時に、転職市場の冷え込みや希望の職種の募集が考えていたよりなかった場合や、数社面接に落ちたりすると人間はどうしても焦ってきます。

 

最初の2、3週間はゆっくり今までできなかったことをして、余暇を謳歌していてもあまりにもやる事がないと暇になってくるものです。暇は焦りを運んできますし、無気力になるという怖い可能性も秘めています。逆に暇にならないくらいの趣味があると、仕事するのが嫌になるといった別の危険な状態になるかもしれません。

 

そうこうして焦りだすと、そもそも年収アップやキャリアアップを目指しての転職のつもりが、同じ年収や同じ役職で妥協して就職したりしてしまいかねません。最悪は貯金が無くなって元いた会社より悪条件の会社に就職したりすることもあるのです。

 

もし元いた会社の居心地が悪くなかったのであれば、同じ条件で違う会社でいちから人間関係などをはじめるとなると無駄なストレスがかかります。

 

ここに挙げたポイントを踏まえて転職のプロが無料でアドバイスしてくれるのが転職支援サービスです。働きながら転職先を探すのに一番効率的なのがこの方法です。

 

面接の段取り

複数社応募する際の日程調整などをしてくれます。働きながら自分で有給をとりながらの調整は大変ですが、自分は有給の調整だけですむのでとても助かります。

非公開求人

企業販売や開発戦略上、大規模に採用をしている事を世間にしられたくない場合に非公開で募集している案件などにも応募が出来ます。

面接結果の内容

不採用の場合などに企業先の考えやダメだったところを伝えてくれます。本来であれば絶対わからない結果の原因部分ですが、第三者を挟むことで知る事ができます。また、複数社の内定をもらった際の辞退する企業への調整も簡単に対応してくれます。

 

転職支援サービスへの登録はこちらから

DODA

 

転職成功の秘訣は非公開求人

 

スポンサーリンク

転職活動記事一覧

転職を考える動機は人それぞれです。職場の人間関係の問題やいじめがあるブラック企業に勤めるが故の劣悪な職場環境会社の社風や人事、給料などに対する不満今以上のにキャリアアップや年収アップしたい本サイト内の一つのページで相反する事をアドバイスしていることがありますが、それは矛盾ではありません。正しい答えは1つではないからです。数式で例えるならば、パターン1X+1=0 (X=-1)パターン2Xの2乗-1=...

退職を申し出る際には辞めたいと思っているにもかかわらず、それ以外の心配事も多いですし、不安もあるはずです。次の仕事を順調に見つけるために、今いる会社とのいらぬトラブルなどは未然に防いでおきたいところです。退職前に整理して道筋を立てておくべきポイントを解説していきます。お金の心配退職すると当然給料が無くなるので、収入が途絶えることになります。現在の職場で我慢しつつ「転職エージェント」で先に転職先を見...

会社とは雇用契約を結んでいるわけですので、自分から辞める際は「辞表」というよりは「退職願い」として退職の意思を示すのが一般的です。昔は手書きが主流でしたが、現代ではWORDなどのワープロソフトを使ってパソコンで作ってしまいましょう。退職願いのシンプルなサンプル退職願いこのたび一身上の都合により、20XX年XX月XX日をもって退職いたしたく、ここにお届けいたします。 平成○○年○○月○○日 技術部 ...

退職の意思を示し、退職理由も伝えると、一定の割合で引き留めに会う事があります。小さい会社で戦力になっていれば確実に引き留めにあいます。引き留めについてはあらかじめシミュレーションしておかないと自分の想定と違った方向に言いくるめられる事もあるので、しっかりとシミュレーションをして強い意志をもっておきましょう。そのうえで引継ぎは普通にこなして最後の仕事をしっかりと終わらせてしまいましょう。引き留めにあ...

退職願(辞表)が受理された後は引継ぎをしながら残りの勤務を粛々とこなしていくだけです。自己都合で辞める場合は大抵は残りの日々と最終日についても事務的かつ機械的に進んでいくだけです。勤務の最終日までに会社から支給されたや備品の返却や書類の廃棄が必要です。また、受け取るべきものも確認しておく必要があります。人によっては退職後にはその会社に2度と関わりたくない場合もあると思いますので、身辺整理とかはきっ...