企業面接を受けたい企業の探し方

企業の採用情報を調べて就職活動を開始する

実際に就職活動をはじめるにあたっては大まかには下記のような流れとなります。専門学校であれば学生の就職にも力を入れてくれることがほとんどですが、大学の場合は就職は責任外との認識で放置して学生の自主性にしていることが多いので、しっかりと自分で行動しないと就職できない事になります。

 

企業探しと企業選び

応募

書類選考

採用試験・採用面接

内定

就職

 

ここまでくるのに、自分の仕事に対する適性をわかる範囲で見極めて希望する業種や仕事を選んだら、後は実際に就職する企業や会社を選んでいく事になります。

 

まずは、自分の希望にある企業を探し、そしてその中から優先順位をつけて選んで応募していくのが重要です。試験や面接までいけると後は希望する企業の内定が取れるまでひたすら頑張っていくだけです。

 

昔は企業のホームページなどなかったわけで、その企業がどんなことをして、どんな仕事をするのかは、資料を取り寄せて会社説明会に参加して、学校のOBやOGに直接聞くような事をしないとわからなかったわけですが、今ではインターネット上で企業のホームページと掲示板などでの実態や口コミ情報を調べれば大概の事はわかるようになったので、便利な世の中になりました。

 

大学にくる求人票

各企業がその大学から採用したいと考えていたり、実際にその大学から採用した実績があると、大学に対して求人票が送られてきます。大学の就職課・キャリアセンターで求人票の確認ができますので、気になる企業や会社があれば、チェックして応募する事になります。

 

どのように応募すればよいかは一応最初は、就職課・キャリアセンターに聞いてみるのがいいですが、応募したい会社がホームページ上でエントリーを受け付けていれば、そこから応募すればよいですし、エントリーする応募ページが無いようであれば、自分でその会社の採用担当に電話で問い合わせる事になります。

 

就職情報サービス

無料で活用できる新卒学生・既卒学生のための就職情報サイトがありますので、そこに登録して新卒を募集している企業検索や企業説明会、就職セミナーの情報がとてもたくさん得れますので、ぜひ活用した方がよいでしょう。

 

自分で企業HPから探す

自分が就職したい企業が決まっている場合は、直接企業のホームページを確認していましょう。

 

ヤフーやグーグルで「企業名 + 採用」で検索すれば、その企業の採用ページにたどり着けるはずです。ウェブ上で新卒のエントリーを受け付けている企業であればそのまま応募が可能です。ホームページがきちんと整備された企業であれば、会社規模や業務内容や勤務地などいろいろとわかる事が多いです。

 

企業説明会

どちらかというと気になる企業への質問などが中心となりますが、業種別などで開催されることもあって説明会で知らなかった企業に応募するきっかけができる可能性もあります。就職戦線といったイメージが一番強いのがこの企業説明会に参加することですね。

 

教授推薦や縁故

理系の大学で成績が優秀であれば教授の推薦などで、競争をすることなく入社できる枠がある事があります。先輩などにそういった形で入社した人がいるようであれば、大学の教授に問い合わせてみてもいいかもしれません。

 

後は親戚や両親などのコネで入社するという手は一番確実な方法です。地方公務員などはこういったコネ就職がはびこっています。

 

ちなみに、希望する企業に入れなくても、同業種で仕事をして実力をつけていけば転職でのチャンスもありますし、入った会社が自分にあって愛着が出たり、居心地がよければそんなことは大したことではなくなりますので、まずは内定を取って就職する事がとても大切です。

スポンサーリンク

面接を受ける企業の探し方と選び方関連ページ

就活という名の学生の就職活動
はじめて就職というものに取り組み、「就活」「就活」とひたすら悩み考えることもあります。悩んで行動することは大切です。何もしなければ社会から取り残されてしまいます。
仕事に対する適正能力を見極める
人間それぞれ向き不向きがあり、好き嫌いに比例するものではなく、好きでも不向き、嫌いでも向いている仕事があります。やる気ややりがいともまた違った指標になるものが適正能力なのです。
業種を選ぶ際の大切なポイント
職業を選ぶ際に業種で選ぶか職種で選ぶか企業で選ぶかなど、選び方にも千差万別があります。また優先順位も就ける必要があります。ここでは業種に関する解説を行います。
学生におすすめの人気のある職業
いろいろな人がいますが、かなりの割合で楽な仕事で高給な仕事に興味はもつと思います。同じ仕事をしていても給料や生涯年収が何倍も開くという事を知っておく必要があります。