学生の就職活動を成功させる方法

学生の就職活動について

 

仕事を始めるきっかけとタイミングは人それぞれです。

進学する意思がないや
やりたい仕事がある
進学するお金がない
とりあえずいずれ働かないといけないから働く

 

実は差し迫ってから就職活動を始めては、いろいろな事が手遅れであったり、準備して進めていればもう少し条件のいい職場にはいれたり、人生を安定させるような職業につけたかもしれないのに、チャンスを逃すことになります。

 

本サイトに記載されている内容などは、できれば就職活動を始める1年前、もしくは高校入学時、大学入学時にでも読んで理解し、頭の片隅にでも残しておいてもらえれば、役に立つこともあると思います。

 

人によっては理解してもせっぱ詰らないと動き出さない人もいますし、理解しても何をすればよいのかわからない人もいます。ただし、早くに情報や知識を得たら自分の今の環境や世間の状況を理解して、今取るべき一番いい行動を考えて選択できる人もいます。

 

これは時代背景にも左右されますが、現在は終身雇用も崩れ、世界経済の不況や国際社会における日本企業の弱体化で採用の競争倍率も高くなっている状況です。

 

多感で貴重な若い頃の時間なので、さすがに入学したての頃に卒業後の就職について考えるのは無理があるのですが、それでも時間があるときに自分の人生と将来をじっくり考えてみる事は重要な事です。

 

ちなみにこういった重要な事は、本当に学生の事を考えている学校でしか取り組んでくれません。例え多少押し付けがましくあっても本当に学生のためになる事を取り組むような学校は少ないです。公務員という組織や大学はそういった傾向が強いです。

 

もちろん社会経験が乏しい学生は本当に必要な情報を説明しようとしてくれている事すら理解できない事も多く、まともな大人になったときにあ~そいうことだったのかと気づくのです。後悔しつつも、ある程度善良な人間であれば、少しでも自身の経験を若い子に伝えようとします。でも結局は理解してもらえない事がおおいのですが、例え一人でも社会人になってこそわかる内容が真摯に伝わるとそれでいいのです。

 

就職活動を始める前準備として

 

何がしたいのか
何が出来るのか

 

を考え、やりたい事や出来る事が見つからなければ、

 

どんな職業が年収が高いのか
どんな仕事が安定感があるのか

 

などから、就職活動をスタートさせてみてください。

スポンサーリンク

就活という名の学生の就職活動関連ページ

仕事に対する適正能力を見極める
人間それぞれ向き不向きがあり、好き嫌いに比例するものではなく、好きでも不向き、嫌いでも向いている仕事があります。やる気ややりがいともまた違った指標になるものが適正能力なのです。
業種を選ぶ際の大切なポイント
職業を選ぶ際に業種で選ぶか職種で選ぶか企業で選ぶかなど、選び方にも千差万別があります。また優先順位も就ける必要があります。ここでは業種に関する解説を行います。
学生におすすめの人気のある職業
いろいろな人がいますが、かなりの割合で楽な仕事で高給な仕事に興味はもつと思います。同じ仕事をしていても給料や生涯年収が何倍も開くという事を知っておく必要があります。
面接を受ける企業の探し方と選び方
自分の仕事に対する適性をわかる範囲で見極めて希望する業種や仕事を選んだあとは実際に就職する企業や会社を選んでいく事になります。どうやって面接を受けるかなど解説していきます。