就職活動

就職活動について

仕事に就こうと思ったからといって、さあ明日から働けるかというとそんな甘くはありません。採用情報を調べてエントリーシートを記入し、中途採用などであれば履歴書や経歴書を用意して採用試験に合格しなければいけません。それではどうやって職業や会社を選んで就職活動をするのかなどの解説をしていきます。

 

中卒での就職活動 就ける職業は非常に限られてくる。建築現場や製造業など学歴や資格が不要な職業がメインになる。高校の学業など無駄なので、中卒でも専門学校に入学できればよいのだが、無駄な学歴が必要なため非常に就ける職業が限られてしまう。
高卒での就職活動

高校へ来る求人などが中心。企業に応募できるかどうかは成績順となる場合がある。高校の進路指導もあるので、一応相談はしてもよいが、学校の進路相談はあたる先生にもよるが、あまりあてにならない。

 

自身で求人を探して、学校に求人を送ってもらったり自身で応募するパターンもある。公務員試験も受けれるため、事務仕事なども就ける可能性がある。

専卒での就職活動 入学時点である程度職種を決めれているので、まじめに学校に通って勉強や腕を磨けば一番進むべき道が見えやすく、就職率がそのまま専門学校の人気へと直結するため、就職の進路指導なども熱を入れてくれるので学生にはありがたい。
短卒での就職活動

2年間しか学生期間がなく、1年目に学校に慣れはじめたらもう就職活動になる。事務や販売員、受付、保育員などで働くことが可能になる。

 

一般企業に就職しやすくなるのも短大という学歴をもっていてこそです。

大卒での就職活動

基本的には1番企業から幅広く採用枠があるのが大卒なので、幅広い職業からの選択ができる。専門分野以外については大学での学業はほぼ無駄といってよい。

 

学業を教える場として存在しているので、就職に関しては力を入れてない学校も存在し、模擬面接など全くしない場合もある。

 

大学がある程度はサポートしてくれると勘違いして、お金だけを取って退屈で無駄な授業をしているような学校にいると、自分で調べて努力するタイミングすら逃し手遅れになる。

 

そもそも学生も就職活動については、どうやっていいのかが分からないわけで、学校側はどこまでサポートすべきかの線引きもあいまいです。せめて学校側は一切面倒をみないが、これこれは最低限必要で、いつまでにこういった手順でこうしないとまずいですよ、くらいは伝えてくれるような仕組みがあれば自己責任で早くから取り組めるのでしょうが、必要な情報も自分で気づかないといけない場合もありますので注意してください。

 

本当は、学業と社会へ送り出すプロセスの両方を兼ね備えているのがベストですが、行政と学校両方の怠慢からそういった仕組みにはなっていません。もちろん学校によっては就職にも力を入れてくれている所もありますので、そういった学校に入学していればラッキーだったということです。

 

 

専門学校に関しては就職率を大々的に公表していますし、それが学校としての人気や信頼に直結するわけですので、当然就職活動にも力を入れてくれます。教える事も専門性があって、受け入れる会社や企業側も臨んだ技術を持って入ってきてくれるわけです。


 

スポンサーリンク

就職活動記事一覧

仕事を始めるきっかけとタイミングは人それぞれです。進学する意思がないややりたい仕事がある進学するお金がないとりあえずいずれ働かないといけないから働く実は差し迫ってから就職活動を始めては、いろいろな事が手遅れであったり、準備して進めていればもう少し条件のいい職場にはいれたり、人生を安定させるような職業につけたかもしれないのに、チャンスを逃すことになります。本サイトに記載されている内容などは、できれば...

自分自身にどういった適性があるのかはそうそうわかるものではありません。適性を知るにはネット上などで適性診断テストなどを受けてみて、自分の適性の傾向を知るくらいです。こういった適性診断結果が100%当てはまるわけでもありません。適性能力とは何かどんな適性があるのか「単純作業の繰り返し」「ストレス耐性」「数値や計算との向き合う仕事」「人と向き合う仕事」適性能力はその仕事が向いているのか、向いていないか...

適性や興味がある事など年収年収は多きく人生を変える要素の一つです。年収が高いと衣・食・住と低い年収では手に入らない生活を手に入れる事が出来ますし、高い年収で少しランクを落とした生活をしようものなら資産は格段に増やすことができます。医者・弁護士などの業種はなれる人数がかなり絞られて希少価値が生まれるので当然、平均的な年収は高いです。他にも総合商社関係や放送業界なども年収が高い業種といえます。逆に年収...

親次第ですが、ほとんどの人にとって働かなくても生きていけるという境遇の人はいないでしょう。家事手伝い的なものやニート的なものは世間体としても考え物なので、ほとんどの人が働くという選択肢は嫌でもする必要があります。働くことに望む理想と優先させたい希望はひとそれぞれです。やりがい、安定、給料、勤務地などがあって、これに職種や企業が組み合わさって選んでいく事になります。でもやりたい事も、何をしたいのかも...

実際に就職活動をはじめるにあたっては大まかには下記のような流れとなります。専門学校であれば学生の就職にも力を入れてくれることがほとんどですが、大学の場合は就職は責任外との認識で放置して学生の自主性にしていることが多いので、しっかりと自分で行動しないと就職できない事になります。企業探しと企業選び応募書類選考採用試験・採用面接内定就職ここまでくるのに、自分の仕事に対する適性をわかる範囲で見極めて希望す...